どうしたらいいのか

不動産を売る場合、注意しなければならない事はどんなことでしょうか。不動産を売る場合に売主が1番興味がある事は、その価格についてです。 価格を知るために、査定に出すのが1番良い方法です。 査定には2つの方法があります。1つは簡易査定と言うものです。簡易査定は、インターネットを利用してすることができます。簡易査定の場合、住宅の立地や土地の広さ等を記入して送信をします。この時にその土地の近辺が過去にどのくらいの価格で売るとかということを考慮され査定額が出ます。 もう一つの方法は、実査定というものです。この実査定は、実際に不動産会社の人を呼んで査定をします。そのため、簡易査定でわからなかった、日当たりなどの環境や、部屋の古い新しい等も考慮に入れたより詳しい額が出てきます。

不動産会社に査定をしてもらい、その不動産の価格が出た場合、その価格通りに売れるという事はあまりありません。 なぜなら、不動産会社は少し高めの価格設定をしているからです。そのため不動産会社のことを信じてその価格通りに売却できると思う人もいますがそんな事はありません。 ではなぜ、不動産会社は売れもしない価格を提示するのでしょうか。それは、その物件を他の会社よりも手に入れたいからです。不動産を見事売却できれば仲介手数料が入るためです。 例えば、三社に査定を出して一番高い価格を表示した会社に売る場合でも、それ以外の会社に売る場合でも、結果的には同じような額になるため、どの会社に売却をしてもそれほど変わらないのです。