気軽に不動産投資

不動産での運用商品の幅が広がってきました。多くの場合、証券化され小口化されていたり、区分所有の形を取って小口化されていたりします。投資金額のハードルが下がってきたため、サラリーマンやOLでも不動産に投資をする機会を持つことができるようになり、このことが不動産市場にさらに資金を流入させています。ゆくゆくは自ら不動産を保有したいと考えている人も、まずは小口の投資商品を試してみるとよいです。投資商品によっては流動性もしっかりと確保されているものもあります。もしも、売却することが前提であるならば、流動性の高い投資商品を中心に選んでみるとよいです。流動性以外にも利回りや投資対象で選ぶという方法もあります。

一昔前までは不動産で運用をするというと資産家が1棟アパートを購入したり、オフィスビルの区分所有権を持つということが一般的でした。この頃は不動産会社が提供するサービスも限られており、一部の人しか不動産での資産運用はできないという時代が長く続きました。今では株式市場には上場不動産投資信託という金融商品もあり、多くの人が目につくところに魅力的な投資対象が広がっています。中古ワンルームマンションや1棟アパートに投資をすることだけを考えるのではなく、このような投資対象を不動産とした金融商品を保有してみるという観点から資産運用の手段を探してみると運用対象の幅が広がります。今後、不動産を対象とした投資商品はますます広がりを見せていきそうです。